• フリーランス、エンジニアの求人案件TOP
  • フリーエンジニアなびとは
  • ご利用ガイド
  • ジョブプランナー紹介
  • アプリ塾
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録

フリーランスエンジニア・フリーエンジニアになる方法、スキルアップ・キャリア形成、確定申告の方法など、お役に立つ情報をお届けします。

フリーランスエンジニアお役立ちブログ
  • メルマガ登録はこちら
  • 無料会員登録はこちら

フリーランスコミュニティ? 人脈を広げていくために所属しておくべき7つのコミュニティ。

フリーランスは、人脈で生き残りが決まるといっても過言ではありません。会社のように上司も、ビジネスパートナー、そして仕事も自身で開拓しなければならないので、積極的に繋がりを広げていかなければなりません。今回は、フリーランスが新しい繋がりを効率的に増やしていく為の方法について説明していきたいと思います。

フリーランスのコミュニティはたくさんあるのですが、とりわけチェックしておきたい人脈を広げるコミュニティ(イベント)を7つ紹介します。

Facebook


探せば、フリーランスが協力し合えるような情報交換グループをみつけられます。グループ上では仕事やパートナーの募集が積極的に行われています。フリーランスとして活動している人はほとんどFacebookを利用しており、実際に会ったあとにFacebookで繋がることもよくあることです。
Facebookで友人になっておけば、その人のフィードからセミナーや交流会・勉強会の情報を把握したり、メッセージで聞くことができます。
勝手なイメージですが、フリーランスのパソコンをみると、必ずFacebookのタブが開かれているように思います。また、情報は自分で発信することも大切。こんな仕事がしたい、何ができますかを定期的に発信していくようにしましょう。

Peatix


イベント、セミナー、音楽ライブなど様々なシーンでイベント主催者と参加者をマッチングする国内最大級のチケッティングサービス。カテゴリごとに検索が可能で、自分が住んでいるエリアと[起業・ベンチャー]や[ウェブ・テクノロジー]を選択して調べてみましょう。関心がそそるようなイベントが見つかるかもしれません。
基本参加費さえ払えば、誰でもウェルカムなイベントが多いです。無料で食事がついているようなお得なイベントもあるので、時間がある時は探してみましょう。カジュアルに、業界の繋がりを広げていくことができる貴重な場になります。

connpass


エンジニアの勉強会に特化したコミュニティサイト。Peatixより具体的でプログラミングの言語や、フレームワークを使って知識を深めようという濃い内容が並んでいます。フリーランスに必要な専門的なネットワークを広げていくためには、ピッタリかもしれません。
フリーランスがスキルを上げていく場としても利用できます。connpassの勉強会はslackのコミュニティとつながっている場合も多く、中長期的にやり取りができるコミュニティやパートナーを探すこともできます。

Freelance Now


「文系フリーランスって食べていけるの?」で有名な黒田さんが発起人となったフリーランスによる巨大ユニットFreelance Now。このユニットは総勢500名のフリーランスで構成され、クライアント先が安心して仕事を依頼できる巨大組織です。
構成は、エンジニア:デザイナー:コンサルタント:ライター:マーケッター:ディレクター:その他=2:2:1:1:1:1と、バリエーション豊かな印象を受けます。
定期的にイベントも開催されているみたいです。フリーランス同士の強い繋がりが形成されていて、有機的なアクションが起こせそうです。

Meetup


Meetupは、ややカジュアルめです。趣味で集まれる10人から1000人規模まで大小様々なイベントが開催されています。趣味といえども、専門に特化しているミートアップも中には探すことができます。
単発のイベントではなく、週に1,2回を継続的に開催されていくものが多いので、通常のものよりも回を重ねるごとに仲が深まりやすいのが特徴です。

yenta


1日に限られた10人、自分と相性が良さそうなビジネスネットワーカーを紹介してくれるアプリ。出会い系アプリのビジネス特化版となっており、AI搭載でアプリを使えば使うほど、より自分が出会いたい人を紹介してくれるようになる仕組みです。
最近は、これを利用して別業種の方とランチする人が急増しているみたいです。イベントもいいですが、1対1での打ち合わせはグッと繋がりが深まるはずです。

コワーキングスペース


コワーキングスペースはフリーランス比率が高いです。何かあるわけでもなくて、日常的に利用することで、他会員と仲良くなることができます。1回のドロップインでどんどん話かけていくとややハードルが高いものですが、行く回数を重ねると打ち解けていくものがあります。
コワーキングスペース運営側が主催するイベントも定期的に行われるので、こちらも参加することで、いつも顔見知りだった人と仲良くなるキッカケを掴むことができます。

いかがでしたでしょうか。その他、人脈を広げていく手段はたくさんあります。思いついたものから試してみるのもありかもしれません。しかし、ただ会うだけでなく、自分が何ができるかを明確にし、加えて、相手に何を求めているかもきちんと言葉にしておくと、一つ一つのセッションが有意義になるかもしれません。

フリーランスにとって「仕事の獲得」は、人脈を広げたとしても、なかなか一筋縄ではいきません。そういう時には、フリーエンジニアの仕事を紹介してくれる『フリーエンジニアなび』がオススメです!

フリーエンジニアなびの運営が企画するイベントなども定期的に開催されるので、ここでお互い協力し合えるようなビジネスパートナーが見つかることも間違いありません。仕事に困り始めたら、頼れるエージェンシーに尋ねてみるところから始めてみましょう。

<<フリーエンジニアなびへの新規登録はこちら>>