• フリーランス、エンジニアの求人案件TOP
  • フリーエンジニアなびとは
  • ご利用ガイド
  • ジョブプランナー紹介
  • アプリ塾
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録

フリーランスエンジニア・フリーエンジニアになる方法、スキルアップ・キャリア形成、確定申告の方法など、お役に立つ情報をお届けします。

フリーランスエンジニアお役立ちブログ
  • メルマガ登録はこちら
  • 無料会員登録はこちら

GitHubって?プログラマーなら絶対知っておきたいWEBサービス

GitHubはリポジトリをホスティングするサービスです。プログラマーは「Git」の仕組みを利用して、書いたソースコードをチームや世界中に向けて保存、公開することが、GitHub上で可能となります。
今回は、GitHubの簡単な使い方と、どうしてGitHubを使う必要があるのかについて説明していきたいと思います。世界中のプログラマーに利用されている素晴らしいサービスではあるものの、初心者にとっては分かりづらく、取っつきにくい点もあります。

そもそも「Git」って?

Gitとは、ファイルの変更履歴を管理できるツールです。RPG系のゲームをやったことがある人なら馴染みのあるはずです。大きな敵と戦って負けたり、途中で体力がなくなってしまうと、一度セーブした地点まで戻ることができますよね。
もし、セーブをしなければ、どんなに進めていてもまた0からやり直しになってしまいます。Gitは、書き進めているソースコードをセーブすることができるサービスです。

間違ってファイルを消してしまったり、誤った修正をしてしまった場合にもGitを立てておけば、立てていた地点まで戻ることができます。難解なプログラミングを進めていく上では必要不可欠な知識となります。

GitHubの簡単な使い方

GitHubは、プログラマーが書いたソースコードを公開するツールです。使い進めていくうちに、できることが増えていきますが、まずはローカルで書いたソースコードをグローバルに公開していくことが基本的な流れとなっています。
ここでは、簡単にGitHubにソースコードを共有するまでの流れを説明していきます。)

1) GitHubアカウントを登録する
公式サイトから流れに沿って、アカウント登録をおこないます。他のWEBサービスと変わらず、メールアドレスとパスワード、あるいはSNSより認証します。

2) GitHub上にリポジトリを作成する
マイページより「+New repository」をクリックして、これから作るリポジトリ情報を登録していきます。必須事項は、リポジトリ名と、公開/非公開の選択のみです。

3) ローカル環境にリポジトリを作成する
公開するレポジトリをローカルで作成します。既に公開したいソースコードがある場合は、そのディレクトリ上でローカルレポジトリを作成(git init)します。

4) ローカル環境にコミットする
作成したレポジトリ内でファイルを作成し、まずローカル環境にコミットします。変更点をインデックスし(git add)、データを追加したらローカル環境に登録(git commit)していきます。

5) コミットしたデータをGitHubにプッシュする
コミットしたローカルデータをGitHubにプッシュします。まず、GitHub上に作成されたレポジトリにアクセス(git remote)し、すでにローカルにコミットしたデータをGitHubに送信(git push)していきます。

GitHubを使うべき理由

GitHubを利用することで、同僚と一緒に開発を進めたり、以前のバージョンを振り返ったり、優秀なプログラマーのソースコードを参考にできたり、多くのメリットがあります。
ここでは、GitHubを利用するべき理由を3つ紹介していきたいと思います。これからGitHubを始めたいと思っている人は必見です!

コードがコミュニティで評価されるから

個人でソースコードを書いていると、あなたのマシン上はうまくいっていたとしても、それが一般的にうまくいっているかどうかは分かりません。
GitHubにプロジェクトを投稿することで、プログラマーの指摘を受けたり、あなたの仕事自体が多くの人たちのためになる可能性もあります。予期せぬ自体に気づくことができます。

バージョン間での変更を簡単に追跡できるから

コードのバージョン履歴が可視化されていきます。プッシュする度に、そのソースコードはどのように変更されたのか記録されていきます。分かりやすいUIで変更を追っていくことができるため、必要なことを正確にすぐに知ることができます。

統合オプションが豊富だから

GitHubは、AmazonやGoogle Cloud、CodeClimateのような他の開発ツールと統合して利用することができます。また、200種類以上のプログラミング言語に対応しています。

GitHub以外にもBitBucketやMicrosoft team Foundation Serverのようなバージョン管理ツールがあります。
GitHubは世界で最も大きなプログラマーコミュニティでもあります、プロジェクトをより多くの人に見てもらうことが目的であれば最も最適なサービスかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする