• フリーランス、エンジニアの求人案件TOP
  • フリーエンジニアなびとは
  • ご利用ガイド
  • ジョブプランナー紹介
  • アプリ塾
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録

フリーランスエンジニア・フリーエンジニアになる方法、スキルアップ・キャリア形成、確定申告の方法など、お役に立つ情報をお届けします。

フリーランスエンジニアお役立ちブログ
  • メルマガ登録はこちら
  • 無料会員登録はこちら

個人事業主?法人化?フリーランスが気になる法人化のタイミング

めまぐるしいITの発展によって、フリーランスや、既存の組織を離れ、自分で会社を設立する方が増えつつあります。
個人でやっていくと、本業以外で雑務が増えたり、収入が不安定であったり懸念されることもありますが、それ以上に好きなことをして好きなだけ働くことで生活ができる自由を手に入れることができます。

ところで、フリーランスになるにあたって、個人事業で始めるべきなのでしょうか?それとも、法人化するべきなのでしょうか?いったい何が違うのでしょうか。
法人化した方が家族や周りの評判が良いため、とりあえず会社にするという考えの方もいるみたいですが、実際には周りからどう見られるかよりも「現在の収入状況」や「何をやりたいか」で個人事業主として続けるか、思い切って法人化することを決定していくべきです。

というわけで、今回はフリーランスとしてやっていく上で、悩むタイミングが高確率でやってくる「法人化」について説明していきたいと思います。

では、個人事業主でいいのか?それとも法人化するべきなのか?

法人化するかどうかを明確に分けるのは、課税の問題が一番大きいでしょう。個人事業主の場合、事業で売り上げた金額に関しては所得税が課されることになります。所得税は所得が高ければ高いほど、上がっていくことになります。

法人の場合は所得税の代わりに、法人税が課せられます。これは所得800万円以下の場合は15%、所得800万円超だと25.5%と決まっています。個人事業主が800万円稼ぐと税率は23%となり、900万を超えると33%となります。したがって、900万前後の売上まで来たときが法人化を考えるタイミングとなるでしょう。

一番厄介なのは給料

個人事業主の場合は給料という概念があってないようなものなので、今月は収入が少なかったから我慢しよう、案件が重なってお金が十分に入って来たから、少し旅行でも行こうかなといった具合に基本的に事業とプライベートのお財布が同じ状態ですが、法人となるとそういうわけにはいきません。

たとえ一人会社であっても、法人で稼いだお金を私用で自由に使うことは許されません。毎月の給料を支給して、その中でやりくりしなければなりません。また、役員報酬は一年間一定と決まっているので、月ごとに給料を調整することができません。

お金のこととは関係なしに、何がやりたいのか

たとえ所得900万円未満であったとしても、フリーランスの中で法人化するケースがあります。法人化することによって、事業を広げられたり、できることが増えます。また、従業員を雇用したり、外部から資金を入れやすいのも法人化のメリットにあります。

自分がこれからどういう方向で何がしたいかを見極めて、個人事業主で続けるべきか、それとも法人化するべきかを考えてみてはいかがでしょうか?