• フリーランス、エンジニアの求人案件TOP
  • フリーエンジニアなびとは
  • ご利用ガイド
  • ジョブプランナー紹介
  • アプリ塾
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録

フリーランスエンジニア・フリーエンジニアになる方法、スキルアップ・キャリア形成、確定申告の方法など、お役に立つ情報をお届けします。

フリーランスエンジニアお役立ちブログ
  • メルマガ登録はこちら
  • 無料会員登録はこちら

フリーランスはもう古い?いま話題のチームで働くチームランスってなに?

パソコン1台があれば、仕事の大半は済んでしまう時代。「フリーランス」や「ノマドワーカー」はIT業界で働いている人であれば誰でも一度は憧れる働き方でしょう。しかし、こうしたフリーランス的な働き方よりも、”複数人”で自由に働くチームランスという働き方が注目を集めています。

フリーランスが普及した背景として、個人が会社に所属するメリットが減ったことと、会社が個人を雇用するメリットが減ってきたことが挙げられます。プログラミングのようなスキルを所有していれば、会社を介さずとも仕事を得ることができ、また一方で会社側も個人を雇用するよりもリスクの低いアウトソーシングや、案件ごとに必要な人材を期間限定で採用するシステムを取り入れる方が効率的です。

しかし、フリーランスは個人であるが故にできることに限界があります。一つのアプリやWebサービスをリリースするにも、エンジニアだけでなく、企画・設計をおこなうディレクターや、デザイナーやサービスを成長させるマーケッターも必要です。一つの案件に対して、必要な人材を集めて受注する働き方が「チームランス」です。

チームランスのデメリット

フリーランスの次としてチームランスが注目されているのですが、必ずしもメリットばかりではありません。チームランスで仕事を受けるからには、チームに入るフリーランスの個々のスキルと仕事ぶりに依存することになります。例えば、チームでアサインしたバックエンドエンジニアが履歴書のスキルセットと異なっていたり、もしくはコードがめちゃくちゃで一人でやった方が早かったなんていう問題が生じるリスクもあります。

チームランスとして組むからには、案件に参加するフリーランスのスキルや「その人が途中で投げ出したりしないか」、「期限をしっかり守るか」など心配事をすべて解消しておく必要があります。会社と違って責任が関わる個人それぞれに負荷がかかってくる人選ミスには十分な気を払う必要があります。

具体的にどんな案件が用意されてるの?

「チームランス」と検索すると、一番上に出てくるのがエンファクトリーが運営する仕事依頼したい発注者とフリーランスをオンラインでマッチングする「Teamlancer」というプラットフォームです。プロジェクトとして掲載されているものはただ単に受託の案件が掲載されているのではなく、必要なチームメンバーと役割が出されていて一般募集されているというものになっています。
基本報酬に加えて、チームランサーならではのボーナスが用意されています。「打ち上げパーティ」や「会社のまかない」など様々なラインナップです。

実際に、募集されている案件には下記のようなものがあります。

・大手グルメ系サービスを一緒に成長させませんか?ネットビジネスの企画経験あるディレクター募集
・日本初!ECの「BaaS」立ち上げメンバーを募集!
・デザイナーやエンジニアの方、お互いの持っている仕事を共有して共同受注しませんか?

タイトルや案件内容だけみると求人応募に似通ってしまうところもありますが、チームメンバーの顔が見える状態で案件を見ることができるのは面白い要素です。「この人と仕事してみたい」というところから仕事が始まるようなこともありそうですね。

チームランスを始める前に個人の実力をつけよう

チームランスは、他のフリーランスのスキル不足に足を引っ張られてしまうと良くないのですが、自問してみると不安が出てくる人もいるかもしれません。チームランスに参加する前に、フリーエンジニアの案件で幾つか修行してみませんか?

フリーエンジニアなびでは初めて、フリーランスとして案件を受けるような場合でも安心できるようにエージェントと一緒に仕事探しをすることができます。また、フリーエンジニアなびに参加しているエンジニア同士で集まれるBBQや忘年会のイベントや、確定申告のサポートを受けることもできます。

<関連:フリーエンジニアなび 無料会員登録

経験を積んで、どんな案件にも対応できるフリーエンジニアを目指しましょう。